ミラノデザインウイーク2019にてインスタレーション「EQUILIBRIUM」を披露

19.03.29

荒川技研工業(株)は、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク2019」(会期:4月9日(火)~14日(日))に参加するプロダクトデザイナー・村越淳の出展をサポートします。

2018年10月に荒川技研工業 本社・表参道ショールーム内「TIERS GALLERY」で開催された、マテリアル実験やクリエイションのプロセスにフォーカスしたプロジェクト「Experimental Creations」で、村越淳が発表した「EQUILIBRIUM」を発展させたプロダクトコンセプトとインスタレーションの展示を、トルトーナ地区BASE MILANOで開催されるイベント「Ventura Future」で行います。

「EQUILIBRIUM」は連なった中空のユニットにワイヤーを通し、両端をアラカワグリップで締めることで、一本の長い線状の物体を創り上げている。そこではグリップを介してワイヤーの引張応力とユニットの圧縮応力が均衡して同時に存在する、アラカワグリップがあることで成立つプロダクトです。



展示会場:BASE Milano(トルトーナ地区、SUPERSTUDIOの向かい)内スペースC30
BASE Milano (2 entrances)
Via Tortona 54, 20144, Milan, Italy
Via Bergognone 34, 20144, Milan, Italy
http://www.venturaprojects.com/ventura-future-2019



村越淳(むらこし じゅん)
プロダクトデザイナー
Jun Murakoshi Design 代表。千葉大学工学部工業意匠学科卒業、千葉大学大学院自然科学研究科デザイン科学専攻修了、英国王立芸術大学院(RCA)MA, Design Products修了。帰国後、Takramとの新製品開発や、千葉大学大学院工学研究科特任研究員、千葉大学国際教育センター特任助教、東京大学知の構造化センター特任研究員として教育研究活動に従事。現在は、イノベーション・コンサルティングファーム i.lab にて主に新規事業・新製品開発やブランド戦略に関わるとともに、Jun Murakoshi Designにてプロダクトデザインを行っている。
https://junmurakoshi.com/




アラカワグリップとは

荒川技研工業が1975年に世界で初めて開発した、ワイヤーを金具に挿入すれば、任意の位置で確実に固定されるワイヤー固定金具。ワンタッチで位置調節でき、カシメやワイヤークリップでの固定のような作業による強度のばらつきが生じないのが特徴。世界の美術館、店舗、建築物で使用されている。

https://www.arakawagrip.co.jp/about/